気を付けよう!ドライバー求人のデメリット

経営状態が厳しいところはなかなか給料が上がらないことがある

ドライバー求人は、仕事内容によっては業務未経験者や中高年者も採用されやすいものの、会社によって賃金体系や福利厚生などの面で大きな違いがあるため慎重に求人探しをすることが重要です。

たとえば、経営状態が厳しい運送会社のドライバー求人に応募をする場合には、入社後に長く勤めてもなかなか基本給が上がらなかったり、ボーナスの支給回数が少なかったりすることもあるので気を付けましょう。

また、会社によって仕事に必要な免許を取得する際に掛かる費用の資金援助や、研修期間中の待遇についてもバラつきが見られます。そこで、少しでも気になるドライバー求人を見つけた時には、すぐに求人担当者に連絡を入れて、希望通りの待遇で働けるかどうか見極めをすることが肝心です。

社員が不足しているところは業務の負担が重くなりやすい

一年を通じてドライバーの求人募集を行っている運送会社は全国各地に多くあります。

そうした中、社員が不足している会社に就職をする場合には、思う通りに休みが取れなかったり、日常的に残業を任されたりすることにより、早期の離職の原因に繋がることもあります。特に、長距離トラックのドライバーは、繁忙期に一週間休みなしで勤務をしたり、待機時間や拘束時間が長くなったりすることも珍しくないため、体力にあまり自信が無い人は求人の応募を控えるのも良いでしょう。

その他、長期にわたり同じ運送会社でドライバーとして働き続けたい人は、就職活動中に求人票や会社のホームページをチェックして、在籍するドライバーの人数や雇用形態、勤務体系などを詳しく調べておきましょう。

インターネットショッピングの流行によって、物流サービスの需要がうなぎ登りです。トラックドライバーの募集数も、それによって急増しており、好条件の求人が豊富になりました。